読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

久しぶりの高橋学先生

高橋学先生は、私が出た大学の地理学教室の先生。地理の先生だけど、専門は環境考古学という分野をされています。震災や洪水関係のテレビで、ときどき解説をされています。

 

私は、去年の秋に、常総市の洪水があってから「川に近い場所に住むのが心配」と言われるお客さまが増えてきて、「えー川に近くても標高の高い自然堤防だったら、かえって安全だよ」、と思っても簡単にお客さんにうまく説明できない・・・ということで、高橋先生に講演をお願いすることにしました。

 

大学時代、私は高橋先生の分野とは全然違うことをしていたのに、何かと面倒を見てもらいました。就職が決まって飲みに連れて行って貰って、「全然君の性格と違う職業に就いてしまって」と言われたなぁ。。。(見事に5年弱で辞めてしまいましたが。)

 

高橋先生と久しぶりにお目にかかって、いっぱいお話したら、知の泉の洪水が押し寄せるごとく、次から次へと興味のあるお話が出てくる出てくる!

 

その流れで講演会も聞いて、夜もドイツパブでビールを飲みながらお話していました。夜は刺激が大きくて、まだ高橋先生としゃべってる夢を見たような気がします(苦笑)。

 

また岡山に来てください~。よろしくお願い申し上げます。