読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私がコーポラティブハウスに参加した理由



たった7年前です。。。大人はあまり変わって無いけれど、
子どもたちはすっかり大きくなりました。


私は、前職に勤めていたときに、
会社でコーポラティブハウスの企画をすることになり、
そこで参加者として家づくりをして入居しました。
当時29歳独身!!でした。
元々製薬会社に勤めていたので、
コーポラティブハウスなんて全然知らなかったし、
最初は入る気も無かったのですが、
色々話を聞くにつれて、
「これはちょっと複雑な家づくりだけど、話を見聞きするにつれて色々お得なんじゃないか」
と気づき始めたからでした。

普通、家を買おうと思ったら、
希望の場所に自分の予算にあった土地を
見つける必要があります。
例えば、予算3500万円で延床30坪の家が欲しければ、
建築費に2000万円は見て、諸費用等も考えると、
土地の予算は、1000〜1200万円。
希望の地区は、坪30万円だから、40坪前後の土地を探せばいいや、と思うでしょう。
でも焦って探し始めても、
そんな都合のいい土地は人気地区ですぐに見つかりません。
そんなことは不動産屋さんに転職してすぐに分かりました。

コーポラティブハウスは、長屋等の集合住宅になるとは言え、
自分が欲しい分だけの土地負担で済むので、
便利な場所で住まいを取得するにはうってつけの方法だと感じたのです。

あと、自分の好みに併せて間取りから決められる点も魅力的でした。
私は、「この予算で独身でも、万が一結婚して子どもができても楽しい住まいが欲しい」、
という条件でプランを作って貰いました。
また、このプランも良かったんです。
それからあれよあれよと参加することになり、今に至ります。

住んでから6年半が経ちましたが、コーポラティブハウスと言っても、
毎日普通に暮らしています。ここの場合は、ゆるーい感じなので、
共用部分は、自分たちの好きなように掃除したり植物植えたりしています。
年に1回だけ総会があって、共益費の使い方を話したりする点は、
分譲マンションと似ているかもしれません。
ちなみに、共益費は月4000円(駐車場1台込み)でマンションより安く、
このお金で共用部分にある木のせん定や虫の消毒をしたりしています。


小橋町の長屋に興味のある方は、ぜひ土曜日の説明会にお越し下さい。


小橋町の長屋ウェブサイト↓
http://www.cienowa.com/kobashi/

ちえのわ不動産
岡山市中区中納言町3-2-壱(路面電車中納言」電停徒歩3分)
http://www.cienowa.com/
「メール会員登録」はこちらから
http://www.cienowa.com/entry/postmail.html


毎日新聞に掲載されました(2013年5月)
http://d.hatena.ne.jp/gojaemon/20130510/p1
KSB瀬戸内海放送で放映されました(2012年9月)
http://d.hatena.ne.jp/gojaemon/20120920/p1