読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「買う家」と「つくる家」のちがい

f:id:gojaemon:20150925173619j:plain

 

 

「買う家」と「つくる家」って全然違うって、ご存じですか?

「買う家」の代表である、分譲マンションの間取や、建売住宅の間取が典型的なのですが、不思議なセオリー通りじゃ無いと人は購入しないのです。


・3LDKもくは4LDK
・キッチンには食洗機・トイレはウォシュレット標準装備
・和室は1部屋必要
・床は複合フローリング、壁は白い量産クロス


どれも似たり寄ったりだけど、なぜか個性を出して特徴づけると、全然売れないのです。だから「日本の家は無個性」なんて言われたりします。

 

 

f:id:gojaemon:20151024113146j:plain

 

 

そんな日本人でも、「つくる家」例えば設計住宅となると、自分の住みたい家を作ることができます。家族によって年齢も人数も嗜好もバラバラですから。家の設計をすると、色々できることがあってビックリします。私は壁の仕上げは、量産クロスしか知らなかったのですが、いろんな色をペンキで塗ったり、珪藻土やしっくいを塗ったり、木を貼ったり、カラフルな輸入壁紙を貼ったり。

また、照明なんて引っ掛けシーリングの天井付け照明しか知らなかったけれど、ダウンライト・ペンダントライト・ラインダクト、スポットライトなど無数に近い種類があります。ただ間取りが自由になるだけで幸せだと思っていたのに、家づくりは、無限大の個性を出せる楽しい作業なのです。

 

 

f:id:gojaemon:20151024113504j:plain

 

 

ちえのわ不動産では、人口減少時代に向かうこれからを考えて、都心居住をオススメしています。自転車や徒歩・公共交通で街に出られるから環境にも優しいし、昔から人が住んでいた都心部は、郊外の干拓地に比べて比較的地盤もいいです。地盤が良ければ、洪水の危険や地震の危険も比較的少なくなりますよ。

でも、便利な都心で土地から購入して一戸建てを建てようと思ったら、まず土地が見つかりません。土地があったとしても予算オーバーなことがほとんど。予算にあっていても、変に奥まっていたり、前面道路にクルマが通行不可だったり・・・。

「小橋町の長屋」は、便利で都心に近い場所の計画ですが、長屋建で建てるので土地を効率的に利用することが可能。また、家の面積は自分の面積に応じて伸縮可能なので、自分の予算にあわせることが可能。最初から売値と面積が決まっている訳では無いので、比較的柔軟な対応ができます。だから、1人暮らしでも、子ども3人以上でもお任せ下さい。

ぜひ、暮らしの可能性を弊社の説明会で聞いて下さい。住宅ローンに関するアドバイスもさせていただきます。


説明会のお越しをぜひお待ちしております。

 

 

次で最後の説明会になります。

10月25日(日)10:30~

駐車場の関係がありますので、ご来場を希望される方はお電話ください。086-206-2836

 

ちえのわ不動産

岡山市中区中納言町3-2-壱(路面電車中納言」電停徒歩3分)
http://www.cienowa.com/


ちえのわ家づくりプロジェクト「小橋町の長屋」参加者募集中
http://www.cienowa.com/kobashi/