読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

成分献血に行ってきました(45回目)

献血


最近1年に1回ペースになっている献血。。。
うちの会社は、週1しか休みが無いので、献血頻度が
落ちてます。。。


http://d.hatena.ne.jp/gojaemon/20110228
↑この日記に詳しいのですが、1週間前、私と患者さんの
白血球の型があうとのことで、成分献血の要請の電話がありました。
「患者さんが待っているようなので」と、うちの社長さんに
お願いして許可をもらい、今朝早く献血に行ってきました。


今日の献血会場は、岡山県赤十字血液センター
いわゆる母体です。


受付で体重を聞かれて、前回より5kgアップしたことを正直に報告。
でも、血圧は、かなり正常でした。いいもん食べてるからかなぁ。。。
コレステロール値が心配・・・。


前検(献血前に血液の状態を調べるため、スピッツに2本血液を取る検査)のとき、
「トリマ行けるかしら」と小声が聞こえたので、
おートリマ久しぶり!と思ったのですが、HLAの要請だったことから、
CCSになりました。


HLAとは・・・
HLAというのが、白血球の型のことだそうです。
詳しくは↓
http://www.hla.or.jp/about/abouthla.html


血液型が一緒であれば、輸血している訳では無く、
できるだけ、この型が同一であったり、似ているドナーの血液の方が、
安全に輸血できるらしい。。。

前回は、未更新CCSだったので、今回初めて更新されたCCSで献血です。


岡山のセンターは、CCS、テルシスS、トリマの3機種がありました。

注:CCS、テルシスS、トリマは、採血機と呼ばれるものです。
成分献血は、血漿や血小板のみを取って、赤血球はお返しする献血なので、
体に優しい献血です。色々な会社が、採血機と呼ばれる機械を作っています。


私は、採血機を作っている会社に就職を希望していたら、
血迷って、製薬メーカーに就職した過去があります。。。


いやー、更新されたCCS、日本語がよく分かるようになったねー。
なんか、感動です。
テルシスは、Windowsぽいけど、CCSは、画面見てても工夫されてるし、
残り時間まで出てくるから、なんて優しい採血機なんでしょー。


今日は、CCSで血小板4サイクル。時間にして60分でした。

4サイクルとは・・・
「採血・遠心分離・返血」が1サイクル約15分を
4回するという意味です。私の場合3回が多いです。


クエン酸中毒は無かったけれども、4サイクル目は結構きつかったです。。。
でも、なんとか体調も崩すことなく献血終了〜。

クエン酸中毒とは・・・
血液が凝固しないように、採血した血液にはクエン酸が混ぜられます。
別に体に害はありません。返血して、体にクエン酸が多く入ったとき、
下唇がピリピリすることがあります。これが、クエン酸中毒。
昔、採血機によっては、ピリピリしましたが、最近は経験ありません。


カルテに、(-)と大きく手書きしてあったので、
「CMVマイナスなんですか?」と聞いたら、
「乳ビ」が無いという意味だそうで、ちょっとがっかり。
CMVは個人情報だから、印字しなくなったと言われました。
でも、CMVが個人情報だったら、住所とか体重とか、CMVよりも
強烈な個人情報やと思うんやけど。。。

CMVとは・・・
サイトメガロウイルスのこと。20歳になれば、ほとんどの人が感染しているらしい。
このウイルスに感染していない血液だと、抵抗力の弱った患者さんへの輸血に
向いていると聞いたことがあるような無いような・・・。
私は大学生時代、ずっとCMV陰性だったので、ちょっと嬉しかったのですが、
分からなくなって残念・・・。


乳ビとは・・・
油等の成分。献血をする2時間前の食事がラーメンだったりすると、
油分が血液の中に入ってしまって、せっかく献血した血漿や血小板が使えないケースが
あります。献血前のラーメンや脂っこい食事は厳禁。


今回、変わったなぁと思ったこと。。。


口内炎があるか聞かれた・・・口内炎があると断るケースがあるらしい


イソジンフィールドが、ジェネリックのポピヨドンフィールドに変わっていた
 前職で売っていた、注射の消毒薬がジェネリックに変わっていて、
ちょっとショック。。。献血バスでは、イソジンフィールドが使われているらしい。



処遇品(おみやげ)はお米が頂けました。助かるー!
注釈ばかりで、読みにくくなってしまい、申し訳ありません。
輸血を受けると、日本の制度では献血ができなくなります。
恩返しは、できないので、その前にぜひ献血へ〜。


改めて思うけれど、私は本当に献血が好きなんだなぁ。。。

日本のただしい不動産業のあり方を考える会

岡山市の不動産 有限会社バルプラン
http://www.balplan.jp/
私の勤めている小さな不動産会社です