読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『暮らしをデザインする』宮脇檀

読書


建築家、宮脇檀さんのエッセイです。
この方は、建築家なのに、形よりも暮らしに重点を
置かれる方なので、私のような建築をよく知らない
人間にとっても、読みやすい本を書かれています。
ちょっとエッチだなぁ、といつも思うところも相変わらず(笑)。


建築家は、モノの形やデザインに凝って、
使い勝手の悪いものを設計するイメージが、
昔からありました。
まぁ、自宅を設計してもらったときに、
そんな建築家は一部だけなんだ、ほとんどの人は、
暮らしから考えて設計するんだ、
と分かったのですが。。。


最終章では、飛行機の居住空間について
延々と語られていました。
エコノミークラスであっても、旅のハレを演出して欲しい・・・。
なんだか分かるような気がします。


今は、格安航空機の時代に突入しつつありますが、
安いものと高いものに二分化していくのでしょうか。
それとも、安くても良いサービスが出てきたり
するんでしょうか。


宮脇さんが書かれてから、航空業界も様変わりしたけれど、
本質的な快適を追い求めることについては、
何も変わっていないんじゃ無いのかなと思いました。


暮らしをデザインする

暮らしをデザインする


日本のただしい不動産業のあり方を考える会

岡山市の不動産 有限会社バルプラン
http://www.balplan.jp/
私の勤めている小さな不動産会社です