読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界の終わりとハードボイルドワンダーランド

読書


世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド〈上〉 (新潮文庫)

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド〈上〉 (新潮文庫)

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド〈下〉 (新潮文庫)

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド〈下〉 (新潮文庫)


社長さんの奥さんからの誕生日プレゼント。やっと読み終えることができました。
私は、旅行中の列車の中が一番読書のはかどる時間でありまして、今回も連休で
実家に帰るとき、この本を読みながら帰りました。でも、通学しているときは、
全然読書できなかったんですよね。。。どうも、1時間以上列車に揺られていて、
眠くないときに、読書ができるようです。


2つの物語が同時進行するこの本。。。村上春樹の頭の中ってどうなってるんだろう?
と思わずにはいられません。ファンタジーとはまた違った架空の世界には、正直私には
違和感があるのですが、でもなんだか惹き付けられます。


結論はどうなるんだろう?と思って読み進めてましたが、結局は結論よりも重要な
ことがあるようです。「世界の終わり」の世界観が、今の世の中にも共通している
要素が沢山あるような気がして、決してこの2つの世界は別々のものでも無いように
思えました。


また、読み直したら、分からなかった部分がまた分かってくるのかなぁ。。。
素敵なプレゼントをありがとうございました。