読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナルニア国ものがたり

 「全線全駅鉄道の旅」という本(紀行文みたいなものなので、実質的に本とは言えないかも…)以外、ほとんど読書なんてしてなかった高校時代…。そこに「耳をすませば」の映画パンフをきっかけに「ナルニア国ものがたり」に出会いました。 
 全7巻セットの児童書なのですが、ファンタジー世界がしっかりとしているので、子供心が残っていれば十分大人でも満足できる話でした。キリスト教叙事詩的なところがあるので、キリスト教に興味がある人が読んでみると、また何か感じるものがあるかもしれません。でもこの本、別に宗教の本じゃありませんので、普通に楽しく読むことができます。
 これをきっかけに、受験の参考書を買った後は決まって児童書コーナーに出没するようになってしまいました。あやしい奴だなぁ〜(笑)