読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三浦綾子

 三浦綾子の本が好きです。きっかけは「塩狩峠」です。いい話だと聞いたことはあったのですが、実際文庫本を買う動機になったのは、カバーに線路の絵が描いてあったから…(笑)。
 読み始めると、別に鉄道とは全く関係のない出だしで、最初は挫折しそうになったのですが、よくよく読んでみるとキリスト教の話…。私も宗教では色々悩むことがあったので、主人公に共感しながら最後まで読み続けました。

 これをきっかけに、本屋へ行くと宮脇俊三三浦綾子の本を探すために「み」段でボーっとしていることが多くなりました。三浦綾子といえば、「氷点」が代表作なのですが、私個人的には「天北原野」が好きです。冒頭のむごい場面、そしてかなわぬ恋につながる人間模様と天北・樺太の厳しい自然とが、うまくかみ合っている話だと思います。

 また本読みたいなぁ。